お気に入り

最近のトラックバック

« 夢のシネマパラダイス196番シアター:タイタニック | トップページ | 夢のシネマパラダイス313番シアター:舞妓はレディ »

2016年1月10日 (日)

夢のシネマパラダイス404番シアター:神話の世界へようこそ

タイタンの戦い

T0007501p 出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルソン、レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソン

監督:ルイ・レテリエ

(2010年・アメリカ・106分)WOWOW

内容:古代ギリシャ、神と人が共存していた神話の時代。人間の王の反旗に激怒した大神ゼウスは人間を滅ぼすため冥界の王ハデスを解放する。ハデスの暴虐により家族を殺されたペルセウスが立ち上がり、命知らずの戦士たちとともに打倒ハデスの旅に出る。

評価★★★/60点

ギリシア神話に何の傾倒ももたない自分からすると、アクションRPGのノリで見られてそこそこ楽しめたかなと。尺もちょうどいいレベルだったし。

クラーケン、ペガサス、メデューサなど魅力的なクリーチャーが怒涛の出演を果たし、はっきりいって見せ場だけで撮られたような映画w

ドラマもヘッタクレもあったもんじゃない。アクションRPGですよこれは。

この監督、相当なおバカさんだとお見受けしました。一応ホメ言葉だからね(笑)。

こういう映画はもう割り切って見るっきゃないッス。

 -----------------------

タイタンの逆襲(2012年・アメリカ・99分)WOWOW

 監督:ジョナサン・リーベスマン

 出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ダニー・ヒューストン、ロザムンド・パイク、ビル・ナイ

 内容:前作から10年後。勇者ペルセウスは、愛する一人息子と漁師として暮らしていた。一方天上界では、冥界の王ハデスの陰謀により巨神タイタン族の王クロノスが甦ろうとしていた。それを阻止せんと父親であるゼウスから協力を求められるペルセウスだったが・・・。

評価★★★/60点

ストーリーもヘッタクレもない、ただ闘って闘って闘いまくるだけの映画だけど、アクションシーンはじめ絵づらはけっこう好み。

炎を吐き出す魔獣キメラや阿修羅マンのような出で立ちで兵士をバッサバサと斬り捨てるマカイ、そしてペルセウスが乗る黒馬のペガサスなどCGクリーチャーも魅力的で、重量感もあって良かった。

また、バカでか溶岩巨神兵クロノスもロードオブザリングに出てくる火のたてがみと炎のムチを持つ怪物バルログを想起させたけど、溶岩を絨毯爆撃のようにバラバラと振りまいて圧倒的だった。

でも、これってほんとLOTRのデジャヴを見ているかんじだったな・・w

 -----------------------

300 スリーハンドレッド

P0001555  出演:ジェラルド・バトラー、レナ・へディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト

監督:ザック・スナイダー

(2007年・アメリカ・117分)DVD

評価★★★☆/70点

内容:紀元前480年、大帝国ペルシアはスパルタを次なる標的に定め、ペルシア大王クセルクセスに服従の証を立てるよう迫ってきた。これに対し、戦闘国家スパルタの王レオニダスはそれを一蹴、100万の軍勢で迫ってくるペルシアと戦うことを決意する。そして、レオニダスのもとには300人の精鋭が集結した!ヘロドトスの「歴史」でも記されているテルモピュライの戦いを舞台に描いたフランク・ミラーのグラフィックノベルを映画化。

“嗚呼!!少年ジャンプ黄金時代!”

この映画を見ていて真っ先に思い浮かべたのが“北斗の拳”“花の慶次”だ。

ようするに原哲夫の漫画なのだが、荒ぶる「漢(おとこ)」気質とやたらに醜悪な敵キャラはそのまんまだし、「仲間たちとの絆は絶対にちぎれない」=友情、「苛酷な鍛錬と場数を積んで経験値を上げていく」=努力、「バリ3根性で戦えば例え己の命が尽き果てようとも決して負けることはない」=勝利という少年ジャンプ精神まで受け継いでいる始末。

ジャンプ黄金世代の匂いをこれほどまでにトレースしてくれた映画が今までにあっただろうか!?、、って製作者にそんな意図など100%なかっただろうけど

ホモッ気漂うクセルクセス王をイランのアフマディネジャド大統領になぞらえて、アメリカンフリーダムの精神のもと、健常者アメリカが蛮族イランに鉄槌を下すというプロパガンダとも容易にとれてしまうほど映画レベルとしては相当にエグくて低いのだが、単純に80年代少年ジャンプの世界観を堪能できたことを評価したいのでこの点数っス。。

 -----------------------

300<スリーハンドレッド>帝国の進撃(2014年・アメリカ・103分)WOWOW

 監督:ノーム・ムーロ

 出演:サリヴァン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン、レナ・ヘディ、ハンス・マシソン、ロドリゴ・サントロ

 内容:テルモピュライの戦いで惨敗したペルシア帝国はそれでも侵略の手を止めなかった。美貌の女将軍アルテミシア率いるペルシアの大艦隊がエーゲ海を席巻し、ギリシャに迫っていた。それに対し、かの戦いで美しく散ったスパルタ軍の魂を受け継いだテミストクレス将軍率いるギリシャ連合軍が立ち向かい、圧倒的な戦力差がありながらも勇猛果敢に跳ね返していく。そんな中、ギリシャ人でありながら、ギリシャへの復讐に燃えるアルテミシアは、テミストクレスを取り込もうと画策する・・・。

評価★★/40点

前作は300人vs100万人というえげつないシチュエーションにテンションがアゲアゲになるんだけど、今回はそういう特異な要素もなく、ひたすら筋肉祭りに付き合わされる100分間は正直ツライ(笑)。

いや、見所となる要素もなくはないはずだった。

前作で壮絶な玉砕を遂げたレオニダスの遺志を継ぐギリシャ将軍テミストクレス、ギリシャ人でありながらペルシアの女将軍としてギリシャへの復讐の鬼と化すアルテミシア、その彼女の義弟で目前で父王をテミストクレスに射抜かれ親の仇に燃えるクセルクセスというトライアングルはシェイクスピアの四大悲劇に通じるキャラクタリゼーションを持っているのだけど、作り手の興味はマッチョと飛び散る血のりとスローモーションにしかないらしく・・

紅一点エヴァ・グリーンの蟻地獄のような妖艶さが筋肉バカ以上に突出していただけにもったいないなぁというのが正直な感想。

まぁでも、そんなこと言っても聞く耳もたないよねコイツらと思わせるほど“ギリシャ無双”ゲームに特化した作りは潔いというしかないのかな。。

 -----------------------

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010年・アメリカ・121分)WOWOW

 監督:クリス・コロンバス

 出演:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、ショーン・ビーン、キャサリン・キーナー

 内容:母親と暮らす高校生のパーシー・ジャクソンは、ある日、“ゼウスの稲妻”を返せ!と叫ぶ化け物に襲われ、母までさらわれてしまう。そして彼はギリシャ神話の神々と人間との間に生まれた“デミゴッド”であること、そして父親は海王ポセイドンだという衝撃の事実を知らされる。さらに全能の神ゼウスの最強の武器である“稲妻”を盗んだ犯人にされたパーシーは、“稲妻”を探し出し母を救い出すため仲間と共に旅立つのだが・・・。

評価★★★/60点

“お笑い芸人モンスターエンジンのネタ、暇をもてあました神々の遊びを豪華ハリウッドリメイク!?”

同じくギリシア神話をモチーフにした「タイタンの戦い」を先に見ていたのだけど、3Dアクション大作とは打って変わって、児童文学を下敷きに現代風にアレンジした学園青春ファンタジーに生まれ変わった本作も見てるぶんにはそこそこ楽しめる作品に仕上がっていたとは思う。

エンパイアステートビルが神々の住処、ラスベガスが怠惰の象徴、ハリウッドが地獄の入口などアメリカの名スポットをうまく設定に盛り込んでくるあたりもなかなか面白い。

そこはファミリー映画の大王クリス・コロンバスの十八番なのだろうけど、まぁ全体としてみればあくまでティーン向けというかんじ。

そのわりに脇がものすごく豪華なんだけど(笑)。

続編ありきなのかな。ハリポタもクリス・コロンバスだったし、二匹目のドジョウを狙ったのか。。にしてはライトすぎて薄っぺらいような・・。

どうせなら聖おにいさんみたいなシュールなコメディにしちゃえばいいのにw

 -----------------------

トロイ(2004年・アメリカ・163分)MOVIX仙台

 監督:ウォルフガング・ペーターゼン

 出演:ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム、ダイアン・クルーガー

 内容:古代ギリシャ。和平のためスパルタを訪れたトロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)がスパルタの王妃へレン(ダイアン・クルーガー)に一目惚れ。あろうことかこのイケメン王子、ヘレンを口説き落として帰国してしまう。これにスパルタ王はブチギレ!ヘレン奪還を名目に全ギリシャ軍を挙兵し、ここにトロイvsギリシャの一大戦争が幕を開ける。

評価★★☆/50点

今から3200年前の話だけど、今から3200秒後の歴史にさえまずもって名を残さない映画だなw。

人物が全くもって多面的に描かれていないのがホントに致命的・・。なんたって何か問題が起きれば「すべては神々の思し召し」で片付けられちゃうんだから。

だからまぁパリスみたいな空っぽ一直線キャラになっちゃうのも当然といえば当然なんだけど。。

戦闘シーンが意外にも出色だっただけに、埋もれ忘れ去られていくにはちょっと惜しい気もするけど、致し方なしのポイ捨て映画。

« 夢のシネマパラダイス196番シアター:タイタニック | トップページ | 夢のシネマパラダイス313番シアター:舞妓はレディ »

コメント

トロイ 面白い映画だと 私は 思っています。50点厳しいです。他の映画まだ見ていないです。映画同好会(名前検討中
漫画 花の慶次 少し 読みました。おもしろいですね。漫画 映画も たくさん 見てきたので 馬の場面が あれに 似ているとか ビーバップハイスクールに 少し 似ているような そんな事 思いながらかなり はまります。最高。前田慶次さんは 歴史的人物で 学校教育的には それほど有名ではないのかなぁ?昔 義経 清盛 秀吉 信長 家康 龍馬新選組 アニメ 漫画で読んだナァ。伝記漫画で 松下幸之助 おもしろかったなぁ。真田幸村 柳生十兵衛 伊賀 甲賀~ 漫画同好会(名前検討中

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢のシネマパラダイス404番シアター:神話の世界へようこそ:

« 夢のシネマパラダイス196番シアター:タイタニック | トップページ | 夢のシネマパラダイス313番シアター:舞妓はレディ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ