お気に入り

最近のトラックバック

« うたばん狂想曲第28番:第20回オイラ的日本レコード大賞in2011 | トップページ | 夢のシネマパラダイス226番シアター:のだめカンタービレを探せPartⅡ »

2012年2月13日 (月)

レアル・マドリー狂想曲第78番:レアル独走!?

前回の更新から約3ヶ月。我が愛しのレアル・マドリーは、あの時バルサに勝ち点3差をつけていたのだけど、3ヶ月経ってみたら、あれよあれよという間に勝ち点10差をつけての独走態勢に入ってしまった。

といっても12月第16節まで勝ち点3差が続いていたので、17節以降わずか1ヶ月あまりで一気に10差になってしまったわけだ。

一体何が起きたのかといえば、レアルが17節以降6連勝なのに対し、バルサは3勝2分1敗、アウェイ戦(エスパニョール1-1、ビジャレアル0-0、オサスナ2-3)でことごとく勝ち点を取りこぼしてしまったことが大きい。

なぜか今シーズンのバルサはアウェイで弱く、レアルがアウェイで勝ち点28(9勝1分1敗)を荒稼ぎする一方、バルサは17(4勝5分2敗)と苦しみぬいている。カンプノウでは10勝1分と圧倒しているバルサ(レアルはホームで10勝1敗)がなぜにアウェイでは弱いのか・・。

選手層が薄い、過密日程で怪我人続出、グアルディオラの3-4-3システムへの無謀な(?)挑戦など様々に原因はありそうだけど、ここまで内弁慶というのは驚くべき事態といえる。

しかし、最強バルサが浮き足立ち、焦りが露わになったのが1月25日に行われた国王杯準々決勝2ndlegカンプノウでのクラシコだった。前半2点を先制しながら後半レアルが2点取り、あわや逆転というところまで追いつめたあの試合。

結果ではレアルが国王杯敗退を喫したものの、追いつめられていたレアルが自信を取り戻し、追いつめていたバルサが逆にその絶対的自信にひびが入った最大の分岐点になったのではなかろうか。

バルサに疲弊が生じているというのもあろうけど、やはりマンネリというのは意外にあるのかもしれない。バルサのピークは過ぎたのか!?

と、憎っくきバルサ分析はこのくらいにしてw、肝心のレアルだけど、レアルにとってもあの国王杯クラシコ2ndlegが大きな分岐点になったことはたしかだ。

クラシコではぺぺをボランチに上げるトリプルボランチを多用しベルナベウであろうとも守備的に出るのが常だったが、2点以上点を取るしかなかったレアルは2列目にロナウド、カカ、エジルを起用するという策に打って出る。前半2点を取られるものの、後半、グラネロ・ベンゼマ・カジェホンと攻撃カードを次々に投入し2点を取り返した。ここ数シーズン苦杯を舐め続けているバルサに初めて内容で勝った試合だった。

最後まで攻撃的だったレアルの本来の姿=マドリディスモを久々にクラシコで表現できた自信と喜びは試合後のコメントなどを見ても分かる通り。あの試合でレアルはメンタルを完全に取り戻した。

第15節(12/10)のクラシコ、ベルナベウで1-3の完敗、1/18国王杯クラシコ1stlegベルナベウで1-2の惨敗を喫し、モウリーニョ就任以降10試合対戦して1勝4分5敗と完全にバルサへの屈服と屈辱にまみれた精神的ダメージ、その傷つけられ続けたマドリディスモがあの2ndlegで甦ったのだ!

とともに、カカとエジルの同時起用、特にエジルをトップ下ではなく右サイドに配置する使い方を見出したのはデカイ。往年のジダンもレアルでは左サイドに置かれたわけだけど、それと似たようなもので、相手プレッシャーがあまりかからないサイドに置くことで逆に自在に動ける。ドリブル突破良し、ビルドアップも良しと、2年目のジンクスに悩むエジルの復調につながり、レアルのサッカーを質内容ともに明らかに向上させている。

ディマリアが戻ってきた時にどうするかはあるけど、エジルのサイド起用はリーガ後半戦、そしてCLを戦う上では大きな伸びしろになるはずだ。

1329114015_extras_mosaico_noticia_2 今日の試合ではカカがベンチでエジルがトップ下で出たけど、流動的にポジションチェンジを繰り返し攻撃性能は抜群だったと思う。

そして、さすがのロナウド!ハットトリックでベルナベウ通算4000ゴール目も記録した。

クラシコでいっつも得点を決められないことでサポーターとの関係が悪化していたものの、あの国王杯クラシコで点を決めたことでモヤモヤ感を完全に吹き飛ばした。

さーて、お次はミッドウィークのCL!本田率いるCSKAモスクワとのアウェイ戦!

アウェイのモスクワの何が怖いって酷寒の寒さ

おそらく-20℃とかの世界になると思われ、怪我が1番怖い・・。けど勝つ!!

1329048567_extras_albumes_0 ←レアルのレジェンド、ロベカル&カシージャスの2ショット!

今日の試合前にロベカルが始球式をやったんだけど、最高の笑顔だったね。お帰りロベカル!!

カシもレアル通算436試合出場を達成し、歴代2位だっけ?スゲェよ。イケル・カシージャス通りまでできたとかww

さて、今後のレアル、リーガはかなり余裕が出てきたといえるけど、CLの先を見据える上でもやはりバルサという最大の壁が立ちはだかってくるわけで、昨シーズン同様CLクラシコも十分にありうる。。

今シーズン公式戦4敗してて、うち3敗がクラシコ(スーパーカップ、リーガ、国王杯)なんだよね。クラシコ5戦で2分3敗・・。うう~まだマドリディスタは満足できないーっ!

まずは1つ1つ目先の試合を懸命に戦うことだけど、なんとかバルサを自らの手で屠らなければ、まだオイラのモヤモヤは晴れません・・。頑張れマドリー!!

« うたばん狂想曲第28番:第20回オイラ的日本レコード大賞in2011 | トップページ | 夢のシネマパラダイス226番シアター:のだめカンタービレを探せPartⅡ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レアル・マドリー狂想曲第78番:レアル独走!?:

« うたばん狂想曲第28番:第20回オイラ的日本レコード大賞in2011 | トップページ | 夢のシネマパラダイス226番シアター:のだめカンタービレを探せPartⅡ »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ