お気に入り

最近のトラックバック

« レアル・マドリー狂想曲第72番:2010-2011リーガ開幕!モウリーニョ初戦! | トップページ | 夢のシネマパラダイス484番シアター:グラン・トリノ »

2010年9月25日 (土)

尖閣諸島は日本の領土

沖縄の尖閣諸島沖で、9月7日、中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突し、漁船の船長が公務執行妨害容疑で逮捕された。日本の法律に基づいて粛々と対応するとした日本政府に対し、猛反発した中国側は政治・経済・文化交流など様々な分野で対抗措置をとり緊張が高まっていたのだが、急転直下、24日に那覇地検が逮捕した中国人船長を釈放し、その日のうちに船長は中国へ帰国した

日本の領土(領海)に侵入した外国の者を取り締まるのは当然のことだと思うのだけど、それを中国側が要求していたところの無条件釈放してしまうなんて、個人的には腑に落ちないところがある。これでは中国の圧力に屈したばかりか、中国の尖閣諸島の領有権の主張をも飲んだということにもなりかねないのではないかなと思うんだけど・・。

せめて強制送還などの措置を取ることはできなかったのか。

尖閣諸島が日本領という考えは、右は自民党から左は共産党に至るまで完全一致していて、どうやら本当に日本領みたいなのね。おいおい・・(笑)

尖閣諸島は、久場島、大正島、魚釣島などからなる諸島で、ずっと無人島だったところを1895年1月に日本領(沖縄県)に編入。歴史的にはこの措置が尖閣に対する最初の領有行為だという。

所有者のいない地に対しては国際法上、最初に占有した「先占(せんせん)」に基づく取得および実効支配が認められているということで、日本の領有は国際法上全くもって正当なものなのだ。

要は早いもの勝ちってことw

って、実際そういうことっしょ(笑)!?。「この島オレのもん!」と最初に言ったもの勝ちってことだよね。。

しかも、その日本の領有に対し、1970年代にいたる約80年間、隣国から異議が唱えられたことは一度もないというんだから、何をいまさら中国は言ってくるんだというかんじだわさ。

さて、もうちょっと詳しく見ていこう。歴史好きの血が騒ぐちゅうもんで。。

そもそもの日本の領有の端緒となったのは、1884年に日本人の古賀辰四郎という人が、尖閣諸島をはじめて探検したことにあるらしい。翌85年に古賀は日本政府に対して同島の貸与願いを申請。政府は現地調査を行った上で1895年1月14日の閣議決定によって日本領(沖縄県)に編入した。

翌1896年には、古賀が30年間の無償貸与を受け、久場島に古賀村ができ、200人余が住んでいたという。その後、第2次大戦終了までに無人島化し、今に至るみたい。

でも、この1895年って、日清戦争(1894~95)があった年なんだよね・・。

この戦争の日本の勝利により、清は台湾を日本に割譲(1945年まで台湾は日本領だった)しているわけで、これより北にある尖閣諸島を日本政府が日本領に組み込んだのは自然な流れだったといえる。

それより以前に正式にどこに帰属しているわけでもなかった南西諸島の領有権問題(1879年に琉球王国が明治政府に消滅させられ沖縄県になったが、それまで琉球と朝貢関係を結び宗主国を自負していた当時の中国・清はこれに反発し、領有権を主張していた)は日清戦争で決着していたってことになる。当然そこに尖閣諸島も含まれていたわけだ。

いわばこの領土問題は今から100年以上前に既に決着していたはずなのだが、1970年代に入ってから中国や台湾が尖閣諸島の領有権を突如主張し始めた。台湾が70年に入って尖閣諸島の領有権を主張し始め、中国も71年12月の外交部声明で領有権を主張した。

背景には1969年に公刊された国連アジア極東経済委員会の報告書で、尖閣周辺の海底に石油・天然ガスが大量に存在する可能性が指摘されたことが背景にあるという。

ちょうど沖縄の日本返還交渉に重なる時期(1972年正式返還)でもあるのが興味深い点なんだけど。。

たしかに尖閣諸島は明代・清代などの中国の文献に記述が見られるというが、それは当時、中国から琉球に向かう航路の目標としてこれらの島が知られていたことを示しているだけであり、中国側の文献にも中国の住民が歴史的に尖閣諸島に居住したことを示す記録はないという。

さらに、中国が領海法に尖閣諸島を中国領と書き込んだのは92年のこと。それまでは、中国で発行された地図でも、尖閣諸島は中国側が「領海」とする区域の外に記載されていた。

やっぱ客観的に見て日本領なのよ!

だからといって、日本政府がこの地域に領土問題は存在しないと頑なな態度をとり続けることが果たして有効なのかはかなり疑わしく、かえって中国・台湾に付け入る隙を与えているように見えて仕方ない。

米軍が尖閣諸島の久場島と大正島を射爆場として使用していた事実があり、現在も未返還であるにもかかわらず、日中間の問題としてアメリカはこの問題から事実上逃げているわけだから、もうこれは日本政府が断固とした対応を取らなければならないはず。

なのにこれだもん。チャーター機で返すなんてww

こんな弱腰ならば最初っから逮捕なんてするなっちゅう話なのよ。

菅政権にはまたまたガックリだわ・・。

でも、今回のことで、尖閣諸島ってどこにあるのかなと世界地図を見直してみたんだけど、盛岡に住んでるオイラからすると九州以南って意外に分かってないなと思った。

例えば上海と鹿児島って同緯度にあるとか(上海ってもっと南にあると思ってた)、対馬ってどちらかといえば韓国の方に近いとか、台湾のすぐそばに与那国島や石垣島があるとか、海洋国家としてみれば日本って実はめちゃくちゃ広いんじゃなかろうか!?と思っちゃった。

« レアル・マドリー狂想曲第72番:2010-2011リーガ開幕!モウリーニョ初戦! | トップページ | 夢のシネマパラダイス484番シアター:グラン・トリノ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島は日本の領土:

« レアル・マドリー狂想曲第72番:2010-2011リーガ開幕!モウリーニョ初戦! | トップページ | 夢のシネマパラダイス484番シアター:グラン・トリノ »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ