お気に入り

最近のトラックバック

« アクセラを世に広め隊!vol.2高速初走行の巻 | トップページ | 夢のシネマパラダイス314番シアター:黄泉がえり »

2007年8月29日 (水)

レアル・マドリー狂想曲第36番:プエルタ死去。。

スペイン・リーガエスパニョーラが先週末開幕したはいいものの、我が愛しのレアル・マドリーの開幕戦vsアトレティコ・マドリー戦が、驚きのドタキャン劇で放送されず・・・。

勝ちはしたからいいけど、オイラにとっては散々な開幕日となってしまった。

ネットをググるだけでも疲れるっちゅうに・・・。

なんとか16分間くらいのハイライトだけは見れたけど。

聞くところによると、放映権の権利を持っている現地権利元のメディアプロ社とソヘカブレ社が訴訟に発展するほどの泥仕合に陥ってしまい、その中での報復措置としてソヘカブレ側が海外向け放送を遮断したらしい。。

、、って、そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!

今回はWOWOWを攻めても意味がないところに原因があるけど、でもなんともこの怒りのやり場には困ってしまうわな。

スペイン政府なりLFPなりが仲裁に入って、いち早く解決してもらいたいッス。頼んます!

、、、と、昨日録っていたビデオでオイラも見たけど、セビージャ×ヘタフェ。

その試合の前半30分くらいにセビージャの左SBのアントニオ・プエルタが突如として昏倒してしまい、選手やスタッフが駆け寄り、グッタリして意識を失っているプエルタの口の中に手を突っ込んで懸命に気道を確保しようとしている映像に衝撃を受けたが、、、昨日未明帰らぬ人となってしまった。

スペイン代表にも選ばれるようになった将来有望な若手だったし、セビージャでもその地位を確立しつつあった伸び盛りの選手だっただけに悲しみもひとしおだ。

セビージャを襲った悲劇に移籍問題で揺れるダニエウ・アウベスは何を考えるのか。

左サイドの主力を失った戦力ダウンは免れないセビージャは、左ラテラルもできるヒンケルを左に回し、Dアウベスをいつもの右に置けば最低限の選手層は保てるのだが。

移籍期限終了まで残り2日。

オイラの願いは、といっても我が愛しのレアルの強力なライバルであることには違いないが、でもDアウベスにはもう1シーズンセビージャに残ってほしいな。

まずは、プエルタ選手のご冥福を心からお祈りいたします。安らかに。

、、、、う~ん、、ホント惜しいね。。

« アクセラを世に広め隊!vol.2高速初走行の巻 | トップページ | 夢のシネマパラダイス314番シアター:黄泉がえり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レアル・マドリー狂想曲第36番:プエルタ死去。。:

« アクセラを世に広め隊!vol.2高速初走行の巻 | トップページ | 夢のシネマパラダイス314番シアター:黄泉がえり »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ