お気に入り

最近のトラックバック

« 夢のシネマパラダイス246番シアター:ブリジット・ジョーンズの日記 | トップページ | 夢のシネマパラダイス247番シアター:アニマトリックス »

2007年6月10日 (日)

レアル・マドリー狂想曲第33番:レアル優勝までマジック1!!

スペイン、リーガ・エスパニョーラ第37節。

首位我が愛しのレアル・マドリー勝ち点72、2位宿敵バルサ勝ち点72(クラシコ2試合の結果レアルが上回る)、3位セビージャ勝ち点70の3チームに絞られた優勝争いは残り2試合になっても決着がつかない史上稀に見る大混戦となっている。

欧州各国リーグで優勝が決まっていないのは、このスペインのみ。

そんな中で本日、熱闘の第37節が幕を開けた。

レアルはアウェイ、ラ・ロマレダでUEFAカップ出場権を狙う5位サラゴサと、バルサはホーム、カンプノウでエスパニョールと、セビージャはアウェイでマジョルカと対戦。3チームともに勝ち点3をあげることが至上命題となったこの3試合は同時開催。

ハラハラドキドキの90分が幕を開けた。

3b95e5711af574c155816bafc873427b ここからは時系列ごとに列挙していくが、心臓がはち切れそうな90分だった、、アヘアへ。

まず試合が動いたのはカンプノウ。

前半29分にエスパニョールのタムードがゴールを決め、エスパニョール先制!

即刻ラ・ロマレダの掲示板に表示されるカンプノウの途中経過を見てマドリディスタたちが歓喜の声を挙げる。もちろんオイラもテレビの前でガッツポーズ!!

だってバルサの鉄板試合間違いなしと思ってたので、まさかエスパニョールが先制しちゃうとは。

、、が驚きの喜びもつかの間、ラ・ロマレダで試合が動く。

サラゴサの監督ビクトル・フェルナンデスが標榜するアタッキングフットボールの今季の集大成と銘打って臨んだサラゴサは試合開始から、攻撃的サッカーを展開し流れをつかみ寄せたが、レアルもなんとか呑まれずに持ちこたえていた。

しかし、前半32分、エルゲラがペナルティエリア内でハンドを犯し、PK。。。

D19c2fd8903cefce1974ab768f171db4 これをディエゴ・ミリートが冷静に決めサラゴサ先制。

レアルにとってはアウェイで痛恨の失点となった。

バルサが勝つことは戦前から予想されていたことであり、勝ち点で並んでいることからすると、レアルは引き分け勝ち点1でさえも許されない状況、、、その中で先に失点してしまう・・・。あと2点取らなければ・・・。

でもバルサも0-1で負けてるし、このままいけば両者負けて痛みわけか、、、と思いきや、カンプノウで前半43分メッシのゴールでバルサが1-1の同点に追いつくという情報が・・・。

そして前半終了。

サラゴサ1-0レアル、バルサ1-1エスパニョール、マジョルカ0-0セビージャ。

このまま後半も終えると1位バルサ勝ち点73、2位レアル勝ち点72、3位セビージャ勝ち点71となる。

ヤバイ、、ヤバイぞレアル。。

そして運命の後半45分が開巻!

カペッロは後半開始からラウル→イグアイン、エメルソン→グティと2枚代えを強行し、流れを変えようとする。なにせ2点取って逆転しなければならない、あるいはこのままカンプノウでバルサが1-1のまま終わる可能性を考えればレアルとしては最低1点取って1-1に追いつきたいところ。でもレアルが1-1、バルサも1-1で終わって、セビージャがマジョルカに勝つと3チームが勝ち点73で並ぶんだよな、、、どうなるんだこの場合・・。

ああ、、、もう頭がグッチャグチャや・・・。

と、後半12分にセルヒオ・ラモスのセンタリングをファンニステルローイがヘッドで決めて1-1の同点に追いつく!!

よっしゃーー!

、、、、えっ???

と、ここでまたもやカンプノウからニュースが・・・。

なんと同じ後半12分にメッシが神の手ゴールで2-1と逆転してしまったのだ・・・。

あ゛あ゛、、これでレアルは正真正銘あと1点取って勝たなければならなくなった。。ハァ。

しかし、サッカーの神はレアルに苛酷な運命を迫っていく。

後半19分。

アイマールがドリブルで強引に中央突破、グティを蹴散らし、中盤の番人ディアッラの壁をすり抜けバイタルエリアに侵入してしまい、ディエゴ・ミリートへ必殺スルーパスを送る。これを憎いばかりの冷静さで決め、2-1でサラゴサが突き放してしまった。。

正直、この時はさすがのオイラもあきらめかけたね。。今回ばかりは奇蹟を起こせないか・・・。

レアルは後半21分にロビーニョ→レジェスで必死に攻める。ベンチでやるせない表情を浮かべる主将ラウル。叫ぶカペッロ。言葉にならないオイラ。。

しかも足首の怪我をおして出場したベッカムが芝に足をとられ、ピッチ外に出てしまう。

もう交代カードは使いきった・・・。

サラゴサ2-1レアル、バルサ2-1エスパニョール、マジョルカ0-0セビージャ。

ああ、最後はやっぱりバルサか・・・。

しかし、、残り5分で劇的ドラマを演出してきたレアル劇場が開巻する!

ベッカムが足を引きずりながら意地でピッチに戻り、最後の力を振り絞る。

そして、それは起こった。

F9cf9079a3fdd2fd6025edc72ce9a6e2 後半44分。

グティがロングスルーパス!これがものの見事に左サイドを駆け上がったロベカルに通り、ロベカルがゴール前のイグアインへ流しイグアインが強烈シュート!と、当たりに当たっているGKセサルが弾いたところをニステルが決めて、同点ゴーール!!

これで2-2。

しかしこれでもバルサが勝ったら勝ち点75、レアルは勝ち点73止まりでバルサが優勝マジック1になってしまう。。

が、、、え?え?えっ?え?え?え?何なに?

なんか喜んでるぞ。異常にベンチでラウルとかマルセロが喜んでるぞ。。

フンギャーーーーッス!!

後半45分にバルサが追いつかれたーー!!

後半45分にタムードが決めて2-2の同点になってしまったのだ。。

サッカーの神さまって、、ホントなんつう奴っちゃ。。

もうレアルのベンチは優勝したかのような騒ぎよう。

早よ終われ、早よ試合終了の笛吹け!とロビーニョやエメルソンが叫ぶ。

そして、試合終了ーー!

サラゴサ2-2レアル、バルサ2-2エスパニョール、マジョルカ0-0セビージャ。

この結果首位レアル勝ち点73、2位バルサ勝ち点73、3位セビージャ勝ち点71。

優勝はいよいよ最終節まで持ち越しとなったが、次節はレアルがホーム、サンチャゴ・ベルナベウでマジョルカ。バルサはアウェイで降格が決まったジムナスティック。セビージャはホームでビジャレアル。

レアルは勝てば文句なしの優勝となる。

よっしゃーー決めるでーー!

レアル優勝マジック1!!

アッラ・マドリー!

<訂正>

あまりの興奮に間違えてしまいますた・・・。

メッシの神の手ゴールは1-1に追いついた同点ゴールの1点目でした。。

2点目が後半右足で決めたゴールです。。スンマソン。

« 夢のシネマパラダイス246番シアター:ブリジット・ジョーンズの日記 | トップページ | 夢のシネマパラダイス247番シアター:アニマトリックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 夢のシネマパラダイス246番シアター:ブリジット・ジョーンズの日記 | トップページ | 夢のシネマパラダイス247番シアター:アニマトリックス »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ