お気に入り

最近のトラックバック

« Jリーグ開幕&Yahoo!ファンタジーサッカー始動! | トップページ | 欧蹴球狂想曲第23番:リバプール×バルサ決戦前夜 »

2007年3月 5日 (月)

レアル・マドリー狂想曲第23番:レアルvsヘタフェ、セビージャvsバルサ!

リーガも残り13試合となってそろそろ終盤戦に突入してくる季節だが、いまだに優勝チームを占うのが難しいほどの大混戦の様相を呈している。

まずは、一昨日サンチェス・ピスファンで行われた2位セビージャ×首位バルサの天王山。

D4733ef18d0d1ea8a14607c981af03b5 勝ち点49のバルサが敵地で勝てば勝ち点47のセビージャに勝ち点5差をつけられるまさに雌雄を決する一大決戦第1ラウンド(第2ラウンドはもちろん次節のクラシコ)!!

まずビツクリしたのは、バルサが慣れ親しんだ4-3-3ではなく、3-4-3システムできたことだった。しかも3バックの中央にマルケスを置くというのも予想外だったし、3トップのトップにロナウジーニョを置くというのもビツクリした。右にジュリ、左にメッシということで、スパレッティ監督がローマでトッティを最前線に置いて実践しているトップレスシステムに近いものがあったと思う。

結果としては、前半30分まではバルサがセビージャを圧倒するということになったわけで、しかも前半13分にロナウジーニョがザンブロッタのセンタリングを頭で決め、最良の時間帯に先制点を奪った。

さらに前半28分にはアイトール・オシオがロナウジーニョを後ろから倒して一発退場&PK献上、、、正直これでこの試合は決まったなと確信したオイラだったのだが。。。

それからの60分間は、サッカーは何が起こるか分からないということを身をもって体感することになった・・・。

そのPKをロナウジーニョがなななんんと外してしまった・・・のである。。

バルサの一方的な試合になるよりはここで外してくれた方が観る方としては面白くなるから良かったぁと一安心したのだけど、しかし、ここから試合はオイラの想定を超えるほど激しく揺れまくることになる。。

まあPKを左足1本で弾いたゴールキーパーのバロップが凄かったというのもあるけど。

セビージャは1人少なくなり、前半36分には中盤の要レナトが負傷退場(→マルティ)したことで、混乱を来たすかと思いきや、ロナウジーニョのPK失敗から息を吹き返し、38分にはDアウベスのパスを受けたケルジャコフが振り向きざまの左足一閃シュートを決めて同点にしてしまう。

そして後半に入ると10人のセビージャが11人のバルサに全くひけを取らない積極サッカーを展開。そのままの勢いで後半16分にDアウベスがFKを決め2-1と逆転してしまうのだ。

なんつうか、サンチェス・ピスファンの異様な熱気と熱狂的なセビージャファンの大声援にバルサが完全に呑まれちゃってたんだよね。もう凄いの一言。

サンチェス・ピスファンには何かが棲んでいる・・・。確実に。

セビージャが逆転した直後の後半17分にはジュリがDアウベスを倒したとして、一発レッド。

これはどう見ても誤審やろと思うけど、審判もサンチェス・ピスファンの熱気に呑まれたか!?

その後バルサはエトー、サビオラを次々に投入するが、後半31分にはザンブロッタが相手へのファールでイエロー、その後審判への文句で2枚目イエロー=レッドカードで退場という最悪の事態に。これでセビージャの方が1人多くなるというもの凄い展開に、オイラもただただ呆然・・・。

その後は1人多いセビージャが怒涛の攻撃でバルサを圧倒。特にDアウベスは凄かった!!

いんやまぁ凄い試合でしたわ。

これでセビージャが勝ち点50で首位奪取。バルサは勝ち点49で足踏み。

そしてこの試合の翌日、ていうか今日なんだけど、にレアルホームのサンチャゴ・ベルナベウで行われたのが我が愛しのレアル・マドリー×ヘタフェ。レアルとしては絶対に勝ち点3が必要な試合、、、だったのだが・・・。

ヘタフェの監督ベルント・シュスターは、次期レアルの監督候補に挙がっていて、現地のアンケートではシュスターが1番人気だそうだ。

ていうかカペッロ、もうダメか・・・。。うん、ダメだな(笑)。

4af3026daa37e8f9c12d99fd5f302587 そのシュスター率いるヘタフェは現在リーガ最少失点を誇る堅陣が武器で、今のレアルの極貧サッカーで切り崩すことが果たしてできるのか!?というのがキーポイントだったけど、前半のレアルはヘタフェの出足の早いプレスからの速攻に防戦状態で文字通りの極貧サッカーをお披露目・・・。

前半39分に案の定先制点を奪われたレアルだったが、前半終了間際にロビーニョがGKアボンダンシエリに倒されPK獲得。これをファンニステルローイが豪快に決めて同点にするのがやっとだった。

しかし、後半になると一転ヘタフェがヘナヘナ状態になり、レアルが終始激しい寄せからのボール奪取から怒涛の攻撃を展開。

なんでこんなにも前後半で違うんだ・・?と疑問に思ってしまうくらい様相が一変したのだけど、結局レアルは逆転することができず、1-1のドローで終わった。

たった勝ち点1しか積み上げることができなかったかぁ・・・。

次はアウェイでのクラシコなのに。。

はぁ~ぁ。

4位が指定席になりそうな気配だなこりゃ・・・。

アッラ・マドリー!!

« Jリーグ開幕&Yahoo!ファンタジーサッカー始動! | トップページ | 欧蹴球狂想曲第23番:リバプール×バルサ決戦前夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Jリーグ開幕&Yahoo!ファンタジーサッカー始動! | トップページ | 欧蹴球狂想曲第23番:リバプール×バルサ決戦前夜 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ