お気に入り

最近のトラックバック

« レアル・マドリー狂想曲第22番:鬼門サンチャゴ・ベルナベウ | トップページ | 欧蹴球狂想曲第21番:CL決勝T1回戦1stleg/レアル&中村俊輔 »

2007年2月20日 (火)

欧蹴球狂想曲第20番:CL決勝T1回戦1stleg直前予想

さあ、あと10時間まで迫ってきました!

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stlegが明日、明後日と開催されます。

待ちに待ったで~。

さて、明日はリール×マンUがフランスで、PSV×アーセナルがフィリップススタジアム、レアル×バイエルンがサンチャゴ・ベルナベウ、セルティック×ミランがセルチック・パークでそれぞれ行われる。

オイラの要注目試合は、我が愛しのレアル・マドリーとバイエルンの伝統の一戦であることは言うに及ばずだが、もう1試合日本が世界に誇るレフティ中村俊輔が所属するセルティック×ミランも絶対に見落とせない一戦だ。

他の2試合については、まずリール×マンUはマンUが鉄板で勝ち抜けるっしょ。

まあ第1戦をホームで戦うリールが失点を0に抑えれば、第2戦で大金星を上げる可能性もなくはないけど、やはり現在バルサと双璧を成すであろう高質サッカーを展開するマンUに一日の長あり。明日の第1戦でアウェイゴールを1点でも入れればマンU勝ちぬけは決まりだろう。

注目プレーヤーは、リールは司令塔マテュー・ボドメールとサイド攻撃の柱を担うコートジボワール代表のカデル・ケイタ。マンUは飛ぶ鳥を落とす勢いのCロナウドとルーニー。

PSV×アーセナルも同じような構図で、PSVが無失点で乗り切れば第2戦に光明が見えてくるが、アーセナルお得意のカウンター戦術がハマるようだとPSVは苦しい。やはりここもアーセナル優位だろう。

注目プレーヤーは、PSVの方はシステムにもよるが、3トップで来るとしたらクライファートだろう。そいえばめっきり見なくなっちゃったな・・。アーセナルはアンリ!この人次第で決まるといっても過言ではない。ファン・ペルシが長期離脱となってしまったためバックアッパーの層が薄いことがますますアンリにかかる比重を大きくしている。

次はセルティック×ミラン。

国内では無敵を誇るセルティックと、手負いの巨人ミランとの一戦。

フツーに考えればミランが順当に勝ち上がることは明確なのだが、こと今シーズンに限ってはセルティックが勝ちあがったとしても何ら不思議はない状況にある。

ミランはセリエAでは苦しみながらもやっとのことでCL出場権内を狙える位置に上ってきた。さらに冬の補強ではレアルからロナウド、ラツィオからマッシモ・オッドを獲得し、戦力的には上積みされた。が、CLに関しては、ロナウドは今シーズンレアルでCLに出ていたため、規定によってこの後のCLの試合には出られない。

しかし、今季のミランは運に見放されているのか、ジラルディーノ、インザーギの2トップがコンディション不良、さらにGKジダ、DFネスタが故障、セードルフも足に違和感、、、と、主力が満身創痍状態となっている。

おそらくリカルド・オリベイラの1トップの下にカカとグルキュフを置く4-5-1で臨むことが予想されるが、どういうスタメンになるのかは正直蓋を開けてみないと分からない。

けがの功名となるかどうか。。

そんな手負いのミランに対し、セルティックは心身ともに完璧な状態にある。またホームであるセルチック・パークの大声援を背に戦えるのも大きい。変に慎重になるよりは、当たって砕けろ精神で挑んでいった方がいいと思う。

あとは俊輔の左足が唸るかどうかに尽きますな。頼むで!

最後は、我が愛しのレアル・マドリー×バイエルン。

CLの歴史の中で数々の死闘を演じてきた両者が3年ぶりにCLで対戦。

前回は、第1戦アウェイでレアルが1-1のドローに持ち込み、第2戦ベルナベウで1-0で勝ち、バイエルンを屠った。今回はどうなるか・・・。

とはいっても両者とも現在のチーム状況は最悪であり、直近の国内リーグでもバイエルンは格下相手に敗戦。レアルも格下ベティスに攻めの形を作れずスコアレス・ドローと何の良いところもみられない有様。。。

文字通りの堕ちた巨人同士の戦いとなってしまった。

今シーズンのレアルは、とにかく得点力、攻撃力に乏しく、第1戦ホームで戦うレアルとしては、バイエルンにアウェイゴールを入れさせないことが第1条件となる。

かといって、国内リーグ、ホームのベルナベウで11試合戦って得点12という信じがたい数字が示す通り、得点を入れることもままならない状況とあっては、レアルはやはり苦しいか。

ベルナベウのマドリディスタのブーイング覚悟でスコアレス・ドローに持ち込むのも現実的ではあると思う。そこはカペッロがどう考えるかだけど。。

一方のバイエルンは、レアルを引きつけておいて、カウンターで裏を突くということに徹してくると思われ、戦い方が明確なバイエルンの方にやや分があるのかもしれない。

注目選手は、レアルは、FKに期待がかかるベッカム、移籍後初CLとなるガゴ、そしてトップ下に入るであろうグティ。あ、そうそう、そいえばバイエルンとの争奪戦に勝ってファンニステルローイを獲得した経緯もあるし、ニステルもキーマンだな。バイエルンは、中盤の重心を担うハーグリーブス、そしてシュバインシュタイガー。

ううー、、頼むよ~レアル。

« レアル・マドリー狂想曲第22番:鬼門サンチャゴ・ベルナベウ | トップページ | 欧蹴球狂想曲第21番:CL決勝T1回戦1stleg/レアル&中村俊輔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧蹴球狂想曲第20番:CL決勝T1回戦1stleg直前予想:

» チャンピオンズリーグでカーニバル! [軽々日記]
軽々と生活する日記 [続きを読む]

« レアル・マドリー狂想曲第22番:鬼門サンチャゴ・ベルナベウ | トップページ | 欧蹴球狂想曲第21番:CL決勝T1回戦1stleg/レアル&中村俊輔 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ