お気に入り

最近のトラックバック

« レアル・マドリー狂想曲第21番:沈むレアル。。。 | トップページ | “ためしてガッテン”のカレーは美味い!! »

2007年2月 6日 (火)

夢のシネマパラダイス158番シアター:歴史秘話ヒストリア~ン

(1969年・仏/アルジェリア・126分)NHK-BS

 監督:コンスタンティン・コスタ・ガブラス

 出演:イヴ・モンタン、イレーネ・パパス、ジャン=ルイ・トランティニャン、ジャック・ぺラン

 内容:地中海に面した架空のとある国で、集会で演説を終えた革新政党の指導者が暴漢に襲われて死亡した。警察と憲兵隊は自動車事故が死因であると発表するが、それに疑問をもった予審判事は、新聞記者の協力を得て事件の背後に隠された暗殺の真相に迫っていく・・・。ギリシャで実際に起こった左翼政党の政治家暗殺事件をモデルにした社会派ドラマ。アカデミー外国語映画賞やカンヌで審査員特別賞など数多くの賞を受賞したが、ギリシャでは上映禁止となった。

評価★★★/65点

いったいどこの国の話なんだろうと思いながらずっと観ていたオイラって・・・。

そっかぁ架空の国だったのね。まったく肩肘張って観ちゃってました。

そう考えるとコメディとしてもみれるよなぁ。もう1回観ないとダメかもなこりゃ。。

でも1番印象に残ったのは、事件をけんか両成敗としてもみ消そうとする検事総長の言葉。

「社会が病んでいるのは、議会制度が諸悪の根源だからだ。我々が目指すのは政党も右派も左派もない国。神にのみ従う国だ。」

、、、あのー、、それを独裁っていうんですけど、、検事総長さん。

 ----------------------

マスター・アンド・コマンダー(2003年・アメリカ・139分)2004/03/12・MOVIX仙台

 監督・脚本:ピーター・ウィアー

 出演:ラッセル・クロウ、ポール・ベタニー、ビリー・ボイド、ジェームズ・ダーシー

 内容:ナポレオン率いるフランス軍が欧州各国を席巻していた1805年。劣勢のイギリス軍は多くの兵士を失い、少年兵まで徴兵しなければならない不利な戦況に立たされていた。そんな中、弱冠12歳の士官候補生ブレイクニーら数人の少年たちが兵士として、伝説的な名艦長オーブリー率いる軍艦サプライズ号に乗り込む。そしてサプライズ号はフランス軍の武装船アケロン号の拿捕という重大任務に向かうことになるが・・・。

評価★★☆/50点

サブキャラが驚くほど薄っすい140分間は正直キツイ・・。

 ----------------------

天国の門(1980年・アメリカ・219分)NHK-BS

 監督・脚本:マイケル・チミノ

 出演:クリス・クリストファーソン、ジョン・ハート、クリストファー・ウォーケン

 内容:ワイオミングに赴任してきた保安官のジェームズと牧場主のビルは、大学時代からの親友同士。しかし、その頃ワイオミングではロシア・東欧系移民が増加し、先住者たちとの対立が深まり始める。そしてついに牧場主たちは、牛泥棒根絶を名目に125名の東欧系農民たちの殺害を決定するのだった・・・。製作会社のユナイテッド・アーティストを倒産に追い込むほどの興行的失敗を記録したことで有名。。

評価★★/40点

“宣誓っ!わたくしは本日、この映画を最後までしっかりと見届けることをここに誓います!!”

そして4時間後、、、、

ゴーーーーール!

見事完走しました!

-どうですか、今のお気持ちは?

はい。自分で自分のことを褒めてあげたいです!(涙、、涙)

途中何度くじけそうになって、ベッドに寝ちゃおうと思ったことか・・・。

リポビタンDをガブ飲みして頑張りますた。。

でも、ほんとサッカーで言えば完全なアウェイでの戦いです、、、この映画は。

 ----------------------

勝利への脱出(1980年・アメリカ・116分)NHK-BS

 監督:ジョン・ヒューストン

 出演:シルベスター・スタローン、マイケル・ケイン、マックス・フォン・シドー、ペレ

 内容:第二次世界大戦下、ナチスの連合軍捕虜収容所。サッカーの元全英代表の捕虜と、元ドイツ代表のナチス情報将校が出会い、親善試合の話がまとまった。ナチス上層部はこれを国際的プロパガンダに利用しようと、パリで大々的に試合を開催する。が、レジスタンス組織は競技場の選手控え室の下に地下道を掘り、捕虜たちの脱走を計画していた・・・。

評価★★★★/80点

ジョン・ヒューストンとサッカーの取り合わせももの凄く意外だが、それ以上にサッカーの神様ペレとイタリアの種馬スタローンが隣同士で並んで立っているという絵がサッカーファンとしてはもの凄く妙ちくりんな味を醸し出していてなんだか不思議な気分。。

’98フランスW杯のときもそうだったけど、競技場に響き渡るラ・マルセイエーズが印象的。サッカーのフランス代表のおかげですっかりお馴染みとなったけど、、でも実は歌詞がもの凄い内容なんだよねw

« レアル・マドリー狂想曲第21番:沈むレアル。。。 | トップページ | “ためしてガッテン”のカレーは美味い!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« レアル・マドリー狂想曲第21番:沈むレアル。。。 | トップページ | “ためしてガッテン”のカレーは美味い!! »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ