お気に入り

最近のトラックバック

« 夢のシネマパラダイス113番シアター:羊たちの沈黙 | トップページ | 夢のシネマパラダイス119番シアター:アナライズ・ミー&アナライズ・ユー »

2006年12月14日 (木)

欧蹴球狂想曲第12番:バルセロナ×クラブアメリカin横浜

どえりゃあ凄かったでぇーー!

バルサ!バルサ!バルサ!

ちなみにわたくし、、、レアル・マドリーファン、、、生粋のマドリディスタでございます・・・。

いや、しかし、今日のトヨタカップ世界クラブ選手権はお祭りみたいなもんですから。宿敵バルサの華麗なスペクタクルサッカーを十分に満喫致しました。

雨さえ降ってなければもっと上質なサッカー見れたと思うんだけど、それでも時差ボケや過密日程などのコンディション面の不安を考慮に入れても、さっきのバルサのサッカーは凄まじかった。楽に簡単にプレーしているようで、実は高度に緻密化&連動化されたチームの組織力の中でロナウジーニョやデコといった絶対的な個が躍動しているんだよね。組織と個のバランスが異常な高レベルで共存している美しいサッカー。。。

ホントまじに素晴らしい!!

もうあれだけボール回されたらクラブアメリカも足が完全に止まっちゃって成す術なしでしたな。

ポンポンとワンタッチでボールを回していくバルサ。それがジャブ攻撃のごとくクラブアメリカの体力と集中力を奪っていく。

もはや完全にチンチン状態でしたね。

しかし、今日のバルサ、、、さんまさんも言ってたように持てる力の60~70%くらいしか出してないよね。

先日のチャンピオンズリーグ(CL)対ブレーメン戦の今季1番の真剣マッチからみたらホント軽っるいかんじで、ギリギリの勝負マッチとまでは全くいかなかったけど、でもバルサの楽しいサッカーが日本全国で見ることができたというのはそれはそれで良かったんじゃないスか。

だって、久々に笑顔のロナウジーニョを見た気がするもん。。

これで、17日の決勝戦がますます楽しみになってきたけど、しっかり優勝してスペインに凱旋してもらいたいですな。

その代わり、リーガは我が愛しのレアル・マドリーが戴かせてもらいますけどね(笑)。。

頑張れ!レアル!

最後はこれで締める。

« 夢のシネマパラダイス113番シアター:羊たちの沈黙 | トップページ | 夢のシネマパラダイス119番シアター:アナライズ・ミー&アナライズ・ユー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧蹴球狂想曲第12番:バルセロナ×クラブアメリカin横浜:

« 夢のシネマパラダイス113番シアター:羊たちの沈黙 | トップページ | 夢のシネマパラダイス119番シアター:アナライズ・ミー&アナライズ・ユー »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ