お気に入り

最近のトラックバック

« うたばん狂想曲第5番:1994年の記憶 | トップページ | うたばん狂想曲第7番:1996年の記憶 »

2006年7月16日 (日)

うたばん狂想曲第6番:1995年の記憶

では早速、1995年のMy月間ベストランキングどす!

1月

 1位 谷村有美           クリスマストライス

 2位 スティービー・ワンダー  LIFE~STAY GOLD~

 3位 シャンプー         HOUSE OF LOVE

2月

 1位 ボーイズⅡメン      ON BENDED KNEE

 2位 森高千里            二人は恋人  

 3位 TRF            CRAZY GONNA CRAZY

3月

 1位 TRF               マスカレイド

 2位 ZARD          Just Believe In The Love

 3位 エルトン・ジョン         BELIEVE

4月

 1位 エルトン・ジョン        悲しみのバラード

 2位 ベット・ミドラー        From A Distance

 3位 デビー・ギブソン       Lost In Your Eyes 

5月

 1位 中島みゆき            旅人のうた

 2位 森高千里                雨

 3位 エルトン・ジョン         悲しみのバラード

6月

 1位 サザンオールスターズ    マンピーのG☆SPOT

 2位 ジュディ&マリー         OVERDRIVE

 3位 酒井法子              青いうさぎ

7月

 1位 ブライアン・アダムス Really Love Door Woman

 2位 サザンオールスターズ       あなただけを

 3位 DEEN                未来のために

8月

 1位 ミスチル              シーソーゲーム 

 2位 アヴァ                One Of Us

 3位 マドンナ              マテリアルガール

9月

 1位 MY LITTLE LOVER      Hello Again

 2位 谷村有美              MOON

 3位 シャ乱Q               空を見なよ

10月

 1位 B’z              LOVE PHANTOM

 2位 マドンナ            ラ・イラ・イス・ラボ-タ

 3位 マドンナ           CRAZY FOR YOU

11月

 1位 カーペンターズ           青春の影

 2位 globe              SWEET PAIN

 3位 クイーン           Heaven For Everyone

12月

 1位 スピッツ              ネコになりたい

 2位 MY LITTLE LOVER       FREE

 3位 山下達郎            世界の果てまで

 ---------------------

敢闘賞 谷村有美

師勲章 マドンナ、サザンオールスターズ

大賞  エルトン・ジョン

優秀曲 TRF            マスカレイド

     エルトン・ジョン      悲しみのバラード

     MY LITTLE LOVER   Hello,Again

     マドンナ         ラ・イラ・イス・ラボータ

     カーペンターズ       青春の影

 ----------------------

この年はMyベスト大賞が、エルトン・ジョンという快挙!洋楽優位の状況のいわば絶頂期を迎えた年です。

なんたって、ランキングに入ってる曲がほとんど80年代の名曲ばかり(笑)。

それもそのはず、アヴァやカーペンターズ、マドンナ、クイーンなどがズラリと並ぶ顔ぶれは90年代とは到底思えない。しかし、実はこれ等のアーティストたちはこの年あたりからテレビドラマやCMなどで続々リバイバルヒットを飛ばしていくわけで。カーペンターズのベストなんてダブルミリオンでしたからねえ。

やっぱ、イイ曲は時代を超えて語り継がれ歌い継がれ聴き継がれていくのでしょう。

反対に邦楽は小室哲哉プロデュースの曲が席巻していた時代ですが、3曲しか入っていないんですね。

まあ個人的には小室音楽というのは即効性はあるけど持続性がないという感覚をいつも持っていたけども、その表れでしょうか。

そしてMy優良銘柄だった森高千里、谷村有美は強さを発揮。た、谷村有美って、、今思い出すと懐かしいようなハズいような。。

また12月の3位に山下達郎が入ってます。この年にはベスト版が出て聴きまくってましたねぇ。また奥さんの竹内まりやの「impressions」が前年に出てて大ヒット。オイラももちろんハマリました。

オイラの友達連中はB’zとか小室音楽に没頭していたけど、なぜかオイラが山下達郎や竹内まりやもイイよと薦めると「ダサいし恥ずかしいから聴きたくない」なんて言われちゃったりしてねえ。。

何故だぁ!?

オイラはそういう偏見は持ちたくなかったし、良い音楽は聴くべしという立場なのでダサいなんて思ったこともなかったが、、、。じゃあ森田童子がテレビドラマの主題歌でリバイバルヒットしたのはいいのかぁッ!!だろ?

まあオイラが小さかった頃ウチのオカンがサザンとかいろいろかけてたから、自然に何でも聴けちゃうというのはその影響もあると思う。

                   

« うたばん狂想曲第5番:1994年の記憶 | トップページ | うたばん狂想曲第7番:1996年の記憶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うたばん狂想曲第6番:1995年の記憶:

» 小室 哲哉 [気ニナルコトバ]
小室 哲哉(こむろ てつや、1958年11月27日 - )は、音楽家、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、アレンジャー、プログラマー、ミキシングエンジニア、キーボーディスト、DJなど様々な顔を持つクリエイターである。 また、音楽プロデュースや作家活動と平行してTM NETWORK、globe、GABALLなど複数のユニットで活動する。日本国内のマネージメントは吉本興業が行っている。東京都府中市出身、早稲田実業学校高等... [続きを読む]

« うたばん狂想曲第5番:1994年の記憶 | トップページ | うたばん狂想曲第7番:1996年の記憶 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ