お気に入り

最近のトラックバック

« オイラの周りのオカシな人々 | トップページ | オシムジャパンに入れてもいい選手 »

2006年7月31日 (月)

最近の朝生がおもろくない。。

朝生。

いわずもがなの田原総一郎司会の討論番組、もといやっちゃ場番組である。

だが、どうもここ最近の朝生が面白くない

今月のは「激論!天皇と靖国神社。ドーするA級戦犯」というお題目でやってたのだが、なんなんだあの実の無い議論は・・・。

まずは、宮内庁長官だった富田朝彦氏のメモの信憑性について、あれは嘘っぽい→いや、あれはホンモノだ→このタイミングでメモが出てきたこと、さらにこれをスクープしたのが日経新聞であることからこれは経済産業界の陰謀だ→このタイミングで出てきたことによってようやくしっかりと国内問題として靖国を考えることができる→いや、天皇のお言葉によってそうなるのは好ましくない→そもそもこの文面を読むとメディアが一方的に解釈している“不快感”という言葉は出てこない。「私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」を一方的に解釈して垂れ流すメディアは間違っているし危険だ→どう考えてもA級戦犯合祀にたいする不快感を表している→そもそも解釈が間違っているし、これは天皇のお言葉とは考えづらい→もし日経の誤報ならば、これは大変な事だし、日経は潰れるだろう・・・・結論→日経よ、新たな証拠を出せ・・・・終了。

なんじゃそりゃ(笑)。

オイラはド素人だけども、なまじ知識があると、却ってこうなっちゃうのかな。。

そういえば、小林よしのり氏が最近出演しないけど、何かあるのだろうか。

この前NHKの方には出ててビツクリしたけど。

それにしてもここ最近殊に強まっている歴史修正主義についてはちょっと考えるべきものがあるとは思う。

特に朝生でも議論になっていた、東京裁判は戦勝国が一方的に敗戦国を裁いた不当な裁判であり到底受け入れることはできないこと、先の戦争はアジアの植民地を解放するための正当な戦争(大東亜共栄圏を守るための大東亜戦争)だったし、太平洋戦争に関してもアメリカに追い込まれて止むに止まれず起こした自衛戦争だったこと、今の憲法はアメリカが作って無理矢理押し付けてきたものであり、日本国民が独自に主体的に作ったものではないこと云々。。

正直オイラにはこういう論議は負け犬の遠吠えにしか聞こえない。

歴史には裏表があるのは確かだし、歴史の考証をしていく中でそれを掬い上げることはしっかりすべきだとオイラも思う。しかし、と同時にその歴史の考証は国際間で行われるべきことであり、自分の殻に閉じこもってその殻の中でぎゃあぎゃあ騒いでも何の意味もない。特にこういう戦争という国際間の歴史に関しては。

また、今の日本は彼らの言うところの不当で受け入れることができないと言われている事柄を自ら呑んで戦後の出発を遂げ、しかもそれから半世紀以上も経っている。。日本では通用しても海外でこの論が果たして通用するのか。。

東京裁判否定派や靖国参拝賛成派の言いたいことはよおく分かったから、あとは国連なりアメリカ上院議会なりできっぱりとぶち上げてもらいたい。その覚悟があるのならばホンモノだし、そうした方がこの問題の解決には打ってつけだと思う。

今は中韓との問題だけど、このままだといずれは日米問題に発展する可能性もあるっしょ。

« オイラの周りのオカシな人々 | トップページ | オシムジャパンに入れてもいい選手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の朝生がおもろくない。。:

» 本:いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL (単行本) [情報基地]
第一章から感動的でした。 もの凄い衝撃を受けました。 東条さんが最後まで天皇のために戦う姿は感動的でした。 タイミングが悪かったんですね。 「いわゆる」A級戦犯でしかないんですね。 [続きを読む]

« オイラの周りのオカシな人々 | トップページ | オシムジャパンに入れてもいい選手 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ