お気に入り

最近のトラックバック

« うたばん狂想曲第2番:1992年の記憶 | トップページ | うたばん狂想曲第4番:1993年の記憶 »

2006年7月15日 (土)

うたばん狂想曲第3番:1992年の記憶(2)

ホントこの年はトレンディドラマの主題歌が多いという印象だけど、なぜかKANの“愛は勝つ”だとか沢田知加子の“会いたい”だっけ?が入ってないのね。なんでだろ(オイラが決めたんだろ!)。

それはともかくこの92年はオイラがJ-POPなるものを本格的に聴き始めた年なんだけど、オイラが初めてファンといえる存在になったのが、リンドバーグです。

耳に聞きやすい歌詞と分かりやすいロック、とJ-POP入門にはもってこいなバンドだったのも確かなのですがね。

あとはサザンの“涙のキッス”が8月の1位に入ってますけど、オイラが音楽を聴くにあたってのフィーリングや好みの源流にいるのが、このサザンオールスターズなんです。

あと、安全地帯ね(笑)。

この2組がいわばオイラの源流ですねぇ。

なぜならばこの2組はウチのオカンが大ファンだったこともあって、オイラが物心つく前から、家なり車なりどこにいようが毎日この2組の曲がガンガンかかってたんですね。その影響があったのは間違いないと思います。

でも小さかったころサザンの“愛しのエリー”が耳に入ってくると♪笑ってもっとBaby、無邪気にOn my mind♪のところがどう聞いても♪無邪気におっぱいぱい♪に聞こえてねぇ(笑)。あっ、おっぱいの歌だ、わーーいって喜んでるとオカンが英語なのこれは。英語。っていつも言ってったっけなぁ。

生涯ベスト3を選ぶとしたら全曲サザンになるだろうな。ベスト5でもそうなると思うわ。そいえば浜崎あゆみもそうだっけな。あ、オイラだけじゃないんだぁと嬉しかった。それもアユと一緒ってねえ。

安全地帯はやはり何といってもバラードと歌詞ですよね。

やっぱ安全地帯の影響があるのか、オイラはバラードには目がないんですわ。

さ、では続いて1993年へ。

« うたばん狂想曲第2番:1992年の記憶 | トップページ | うたばん狂想曲第4番:1993年の記憶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うたばん狂想曲第3番:1992年の記憶(2):

» チョット変わった?? CD 【05-13】 [最新芸能ニュース・音楽CD 【プチほめ ザク切り】]
地獄からの使者~キッス・ファースト(紙ジャケット仕様) 1973年にNYで結成され翌74年アルバム 『地獄からの使者』 でメジャー・デビューした キッス KISS神話の原点と.... [続きを読む]

« うたばん狂想曲第2番:1992年の記憶 | トップページ | うたばん狂想曲第4番:1993年の記憶 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ