お気に入り

最近のトラックバック

« W杯狂想曲vol.24:ミッション・インポッシブルの巻 | トップページ | W杯狂想曲vol.26:オシム日本実現委員会(2) »

2006年6月23日 (金)

W杯狂想曲vol.25:侍ブルー切腹の巻

日本、、、、、むなしく轟沈す。。。

侍ブルー、、、、切腹か!?ブラジルに1-4。

試合後、中田ヒデがピッチに仰向けになって死んでいる姿が印象的だった。

まあ、こんなもんでしょ、ウン。

結局オーストラリアに負けて狂った歯車は最後までかみ合うことはなかった。。今日だって途中で入った高原がすぐ負傷してしまいまたまた同じカードを切らなければならないというツキの無さ。

ブラジルなんてGKのジダを替える余裕すらみせてるんだから、、、歯が立つとかいうレベルじゃないんだよなぁこの差は・・・。

さて、日本の戦いはここでジ・エンドとなりましたが今回の日本のMVPは、やはり川口すかね。初戦のヒディング豪での1失点目は川口のミスだったと思うんだけど、でも3戦通して1番戦っていたのはやはり川口しか考えられない。

ブラジルのあれは何点目だっけ、、ジュニーニョのミドルシュートが入ったやつ。あれって川口の正面に飛んできて結局川口は取れなかったどころか弾くことさえできなかったじゃないですか。

あれはね言っとくけども、川口のミスだとして責めることはできませんからね。あれは、川口のせいでもミスでもありません。責められるとしたら、ジュニーニョにあそこでシュートを撃たせてしまった日本の選手たちの方です。

ジュニーニョ・ベルナンブカーノフリーキック世界一!!

特にゴールから25~35メートル地点のフリーキックに関してはベッカムを上回る決定率を誇っているのは間違いない。今日決めたのはミドルシュートだったけどもあれって30メートル地点くらいだったでしょ。彼の絶好射程ポイントですよ。

そして彼の最大の武器が脅威の無回転シュート!これは今日のゴールのリプレイシーンでも解説者が言ってましたし、このリプレイシーン見た人は分かると思うんだけど、全くボールが回転してないのね。

たぶんあのような無回転シュートを手の中にキャッチできるGKは世界に一人もいません。弾くことしかできないはずです。

無回転だとボールがぶれて来て、目算が効かないんだそうで、しかもジュニーニョのボールはスーッッと落ちてくるんですよね。ジュニーニョが唯一無二で発明したと言っても過言ではないもの凄い技です。

最近ではイタリアのピルロなんかもこのジュニーニョの技を盗んで習得していますが、本家本元にかなう選手はまだいないでしょう。

でも、、、そんなジュニーニョもセレソンでは、控えメンバーなんですよね(笑)。

それだけ凄い陣容だってことですよホント・・・。

そんな相手に2点差以上の差をつけて勝てだなんて、、蚊が2万匹入った小部屋の中に上半身裸で90分居て蚊に刺されてはならない、というくらい難しいことなんです・・・。ハハ、、卒倒。ドサ。。

さて、vol.26では2010南アW杯に向けて日本はどうするのか、についてちょっと。

« W杯狂想曲vol.24:ミッション・インポッシブルの巻 | トップページ | W杯狂想曲vol.26:オシム日本実現委員会(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯狂想曲vol.25:侍ブルー切腹の巻:

» 本物が必要~セレソン~ [不良品(仮)]
セレソンとはポルトガル語で「選ばれた者」という意味である。 そこから転じて、サッカーブラジル代表を指す言葉として定着している。 ワールドカップ全大会出場、優勝回数最多。 サッカー王国ブラジルの代表にふさわしい愛称である。 セレソン。意味がわから... [続きを読む]

« W杯狂想曲vol.24:ミッション・インポッシブルの巻 | トップページ | W杯狂想曲vol.26:オシム日本実現委員会(2) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ