お気に入り

最近のトラックバック

« W杯狂想曲vol.1:プロローグ | トップページ | み、見ちゃったかも・・・ »

2006年5月31日 (水)

W杯狂想曲vol.2:ドイツ戦

ドイツvs日本。

先日のテストマッチでルクセンブルクに7-0で勝ったことで、気持ちに緩みと余裕がありすぎた感は否めなかったドイツ。

もうきれいにきれいに攻めていこうとするドイツの攻撃が、積極的なプレスで対抗し素早く鋭いカウンターを繰り出す日本のサッカーの前に次第に単調になっていく。

まあ、舐められましたな日本。。

しかし、日本のここ最近どころかここ数年で1番のサッカーをみせられたもんにゃ興奮しまくりでしたわな。

特に福西&ヒデのボランチコンビの熟成度には舌鼓を打ちたくなるくらい。現時点ではここに小野、稲本が入ってくる余地は無いっすね。

しかし、後半日本が2点先制リードした後のドイツの攻撃はヤバかった。

パス主体でゲームをコントロールすることを完全に捨て去り、前へ前へ強引に放り込むイメージのサッカーをし始めるドイツ。前へのロングボールだけではなく、途中交替で右サイドに入ったオドンコールのスペースへの入り込みとそこからのダッシュドリブル等も織り交ぜとにかく前へという意識が高くなったドイツ。これぞドイツの泥臭い真髄サッカー。

あれこそホンモノのドイツ。ゲルマン魂!

そして日本はまんまとそれにしてやられた。。。

正直ああいうパワープレーって日本が1番不得手とするタイプのサッカーなんですよね。

くしくもヒディング豪とクロアチアの平均身長は今日戦ったドイツの平均身長と全く同じ184センチ。日本のそれとは約5センチの差がある。

ここをヒディングが突いてこないわけがない。

ゴール前でいかに相手のセットプレーを少なくするか。

今日のようにコーナーキック、ファウルからのフリーキックなどセットプレーをあれだけ与えていてはヤバイってことだ。

« W杯狂想曲vol.1:プロローグ | トップページ | み、見ちゃったかも・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯狂想曲vol.2:ドイツ戦:

« W杯狂想曲vol.1:プロローグ | トップページ | み、見ちゃったかも・・・ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ